収監者との文通 Cさんからの手紙~①

標準

収監者との文通

Cさんからの手紙~①

大石クリニックHPトップページ及び 当掲示板No.555~Cさんとの文通 参照 <↑「記事検索」にてCさんとの文通を続けて読めます>

前略 
 こんにちは。1月20日付のお手紙、29日に届き大変嬉しく拝読しました。今回の手紙全体の内容はよく分かりました。「Aの10番」以外の情報がありましたら、またお知らせしたいと思います。  今月の問答が、出所ま近で「まとめ」に入るとのことでありますので、今までの手紙を思い出して回答してみたい思います。そこで、「セルフマネジメントプラン」のコピー(別紙)に記入して、従来通りの手紙に同封するには、刑務所の決まり事で「願箋」を書いて提出しなければなりません。その為、記入はしますが、全部手紙に書いて一般の手紙と同様にします。
(2)セルフマネジメント
1治療の目標
(Q)あなたは、なぜ治療を受けているのでしょうか?何が目標でしょうか? 自分自身、家族、仕事、金銭問題、対人関係などはば広く目標を挙げてみて下さい。(A)性的依存症者だから治療を受けている。(依存症と自覚) 目標は同じ再犯を繰り返さない為。自分自身は何度も刑務所に行きたくないから。家族には、もうこれ以上迷惑をかけたくない。仕事も、変わってばかりで一定して長続きできない。金銭問題は、預金はなし、年金も払ってなく、国民健康保険も払ってないのは困るから。対人関係ではストレスが蓄積し、犯罪に走る可能性が高いから。世間体では、近所の人達から見られる目が気にかかるから。被害者は許してくれないと思うから。宗教上は、このまま犯罪ばかりだと自分の来世の心配もあるから、治療の目標がある。
2 引き金
(Q)あなたの問題行動が生じ易い引き金にはどんなものがありましたか? 人、もの、時間、場所などはば広く挙げて下さい。この中で特に危険な引き金はなんでしょうか?
(A)引き金となったのは、私の母親の浮気、電車内での他人の痴漢を目撃したこと、その後、エロ本・AVビデオテープ等、暇で時間が有り余る時、公共の乗り物という場所。3 感情の引き金(Q)ある種の感情がうっ積すると危険な引き金となることも理解しました。あなたの危険な感情にはどんなものがありますか?(A)母親への恨み、一般の女性への憎しみなど。結婚してすぐ離婚する一般女性の身勝手な話を聞いた時などが具体的な例。
4 期待
(Q)あなたは性的問題行動に何を期待していたのでしょうか? それを明確に理解することもまた大切です。(A)私の問題行動は、男に生まれたから女性への性的感情で犯罪をするのではなく、恨み・憎しみ等から女性を困らせてやることがその目的、期待と言える。
5 引き金への対処
(Q)それでは、危険な引き金に対処する方法として、どのようなことを実行していますか? あるいは今後やらなければなりませんか?
(A)電車・公共の乗り物に乗る時の「ウオークマンテープ」でのエンドレス警告、輪ゴムでパッチン作戦、極力乗り物に乗らない(自転車・オートバイを利用する)6 期待への対処
(Q)あなたが性的問題行動に期待していたものを、別の行動で満たすことができる筈です。それはどのようなことでしょうか? 
(A)仏教・天文学の試験を受ける。富士山のボランテイア清掃。老人福祉協力支援。読書。仏教信仰上の寺院参詣等。
7 いかりの綱
(Q)あなたを問題行動から遠ざけ、回復への道筋にしっかりと結び付けておいてくれる「いかりの綱」にはどんなものがありますか?
(A)母校で小学生に天文講話をする。仏教・天文学試験を受ける。大石クリニックへの通院。その他
8リラプスの兆候
(Q)リラプスへの黄色信号が灯ってしまうような危険な兆候にはどのようなものがありますか? 行動、言い訳、感情の全てについてまとめて下さい。
(A)行動ーーエロ本・AVビデオ(見ない・買わない・聞かない) 悪友との交流。   言い訳ーー職場での人間関係のストレス   感情ーー職場・家庭内
Cさんからの手紙~②に続く

Date: 2013/03/07/16:12:59 No.872

Re:収監者との文通

Cさんからの手紙~②

セルフマネジメントプラン治療目標(なりたい自分) 相談員の鈴木達也さんみたいに、他の依存症者を対象に再発を防ぐことを目的に色々な人々への手紙での対応等により、依存症を取り除くような自分になりたいと思います。そして当然、人に言うだけでなく、自分自身にも言い聞かせるということです。
危険な引き金
①公共の乗り物に乗った時・他人の悪事を見た時   対処法⇒⇒⇒「ウオークマン警告」と「輪ゴムでパ         ッチン」
②エロ本 AVビデオ等              対処法⇒⇒⇒廃棄する。買わない、貰わない、見ない ③目に見えない形で突然現われる現象        対処法⇒⇒⇒性的な夢を見ないこと
期待していたこと                 ①自己満足・「困らせてやる」          
対処法⇒⇒⇒ 相手の立場になって考える
②スリル感                    対処法⇒⇒⇒ 被害者感情を理解する
リラプスの兆候
①職場の人間関係(ストレス等)          対処法⇒⇒⇒ ストレス発散のために、自分の好きな仏教・天文学でストレスを解消する
②悪友との交流               
対処法⇒⇒⇒ 善友の寺院参詣等
③公共の乗り物に乗車中              対処法⇒⇒⇒「ウオークマン」輪ゴムパッチン等
いかりの綱①母校での天文講話  
②大石クリニックへの継続通院
③仏教・天文学試験を受ける 
④仏教寺院への参詣 
以上でセルフマネシメントプラン・コピー紙の問いに答えてみましたが、6期待への対処の所の問いへの答え方がよく分かりませんでした。上記の答えで良いのでしょうか? それとも、私が性的問題行動に期待したものが「スリル」や「自己満足」だとして、それで実際に犯罪行動に走ってしまったらそれは犯罪です。 しかし、その期待を「別の行動で満たす」との意味は、犯罪にはならない風俗などを利用して金銭を使って行う行動なども含むのかとも思いました。この問いについて今までの鈴木さんとの問答で学んだでしょうか?手紙を全部読み返したのですが分かりませんでした。  確かに、私はこのセルフマネジメント・プランの全てを学んだ分けではありませんので、分からない問いもあるでしょうね。 今回の問答は、便箋の枚数も多く、7枚以上の枚数は80円切ってでは重くダメですので仏教・天文学講話は遠慮させて頂きます。そして、「セルフマネジメント・プラン」コピー紙は私の手元にもっていますので、出所後にお見せします。それと(3)継続的な治療の答えは、申し訳ないのですが、来月に応えさせて頂きます。又、今月の私の手紙を出すのが曜日を間違えて1週間遅れてしまい。そちらに届くのが月末近くになり申し訳なく思っています。  
 最後に、「Cさんはいつから気象予報士になったのですか?(笑) 星空を見上げている内に雲の動きも分かるようになったのかな?(笑)と書かれていました。確かに、天文観測をする時には天気予報は欠かせません。次第に身につくようになったのかも知れません。特に気象学を勉強した分けではありません。 それでは、この辺で失礼してペンを起きます。2月3日は節分で。4日が立春ですが、まだ寒い日が続きます。お身体を大切にして下さい。                                         草々            平成25年2月19日  C

Date: 2013/03/07/16:23:55 No.873

Re:収監者との文通

Cさんへの返書

C様 
Cさん、こんにちは。春まぢかというのに毎日寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?2月19日付のお手紙、23日に届きました。いつも有り難うございます。
 今回は問答の量が多く大変だったと思いますが、丁寧なお答えを頂き、嬉しく拝読しました。お答えを読んで思った事は、出所をま近にして文通という謂わば「通信教育」から「大石医科大学」への進学に向かうこの時期に適応した問答になったなとの思いです。 
 お手紙の中で。6「期待への対処」への答えがこれで良いのか?とのお尋ねがありましたが、その答えは「はい、これでOKです」です。「自己満足」や「スリル」を期待して、犯罪にならないようにと金銭を使って風俗店に行くと、そこで得られる満足感に更に火がついて犯罪欲求への引き金になりかねない危険性があるので、やはり、犯罪に繋がらない方法を考えるべきだと思います。アルコール依存症の断酒業界では最近よく「ノンアルコールビール是か非か !! 」の問題が論議されています。「アルコール度数が0%だから飲んでも良いのではないか?」との声を私もよく耳にするのですが、依存症医学の立場は、「たとえノンアルコールであっても、その味覚や嗅覚が本物への病的欲求の引き金になりかねないので、やはりノンアルコールも避けるべきである」というものです。性依存症者にとっての風俗店もそれに共通するものがあるのではないかと思います。 
 さて、出所をま近にした今、1年10ヶ月(=22ヶ月)に及ぶCさんとのこの文通を振り返りながら、一つの大きな感動を覚えています。一昨年5月9日にCさんから頂いた最初のお手紙から今回のお手紙までを数えてみたら、22通でした。22ヶ月で22通ですから、正にドンピシャで月/1回の定期便のペースが守られてきたわけです。H23・8・25付のお手紙で、7月は切手の都合がつかず手紙を出せなかったけれども今後はそういう事が無いように文通を続けたいとして決意を固め直し、11月の2通で月/1のペースに追いつき、以来今日までその自分との約束を守り抜いて来ました。
 その間のH24・5・29付のお手紙では、工場での喧嘩トラブルの為、手紙が遅れたと書かれながら、「鈴木さんとの文通を止めてしまおうか?とまで考えてしまったこともありました」と書かれていました。しかし、2度と再犯を犯さない自分になる為にの思いを堅持して文通を続けられました。そして又、刑務所での性犯罪防止教育が不可となった為に、この文通での問答を提起して、それも今回のお手紙まで継続されて来ました。私はそこにCさんが本来から持っている意志の強さを感じています。 それと、もう一つ言える事は、前にも書きましたが、自分との約束が「文通をする」という 「死人には出来ない」 行動の約束だった事も継続の力になったのだと思います。「もう2度と犯罪を犯さない」という死人でもできる約束を確実に果たす為には、その為に「文通を続ける」という「死人には出来ない」行動の約束が大事なのだと思います。
≪継続は力なり!!≫ 
来月の最終定期便:23通目と合わせ、この継続の力が、出所後の再犯防止と社会復帰の力へと繋がることでしょう。その事を心から期待して今日はこの辺で失礼します。   草々

平成25年2月25日
    大石クリニック 相談員 鈴木達也

Date: 2013/03/07/19:37:04 No.874

コメントを投稿する


投稿する際は「投稿のルール」をお読みください。

Top