ゼラニュム  :  デイ大石 塩谷一夫

標準

先は花屋で買って来た。

安くて色がきれいで小さく、可憐に思えたので奮発してみた。

バスに揺られ、アパートの自室で包装をといて見ると、肝心の赤い花びらはあらかた落ちてしまっていた。

だが、この花にはまだ幾つかの蕾が残っていたので、水をやり鉢に入れた。二,三日過ったが元気だ。

たった一輪の赤い小さな花が部屋を賑わせる。愉快だ。

独りで住む広くもないアパートに静かに咲く。でも華やかに。

女人よりも可憐に咲く。

遠く過ぎ去った女達の声も聞こえる。

ゼラニュム。

Top