1. トップページ>
  2. メディア掲載

メディア掲載

2016年3月15日放映 当院で行っている治療プログラムの「条件反射制御法」がフジテレビに取り上げられました。

4分47秒あたりから4分56秒あたりに当院職員の小柴が取材に応対しています。

2015年11月3日放映 TBSテレビ 15時50分~「Nスタ」
TBSテレビ「Nスタ」で性嗜好障害について大石院長のインタビューが放映されました。
2015年9月発売 日本臨床社発行の「日本臨床」に掲載されました。

「(特集)依存症」の窃盗癖・買い物依存について、院長のコメントが掲載されています。

2014年7月発売 医学書院発行の「公衆衛生」に掲載されました。

「(特集)行為への依存症-スマホ・ネット・ギャンブル」にて当院が紹介されました。院長のコメントが5ページにわたり掲載されています。

2015年6月22日放映 TBSテレビ 18時45分~TBS「Nスタ」
TBSテレビ「Nスタ」で当院のクレプトマニアミーティングが放映されました
週刊誌「週刊朝日」11月21日号に掲載されました。

「カジノ解禁は依存性を爆発させる ギャンブル大国日本」

週刊誌「Tarzan」に掲載されました。

2014年6月26日号
知らず知らずにハマっている依存症の本当のコワさとは? 監修:大石雅之
2014年4月10日号
惚れやすい、溺れやすい「恋愛体質」の謎を解明する。 取材協力:大石雅之

2012年10月5日発売 読売新聞社発行の「病院の実力」に掲載されました。
「精神疾患 治療」特集
2011年に新規で外来受診、あるいは入院した患者数の都道府県別に多い順に掲載。
当院もP66~P67に神奈川県内で有数の施設として上位掲載されました。
2012年 TBSテレビ 「ギャンブル依存」
TBSテレビから取材を受けました。
2012年 テレビ朝日 「脱法ハーブ」
テレビ朝日から取材を受けました。
2012年 週刊朝日 「アルコールを飲みながらの性犯罪」
週刊誌・週刊朝日から取材を受けました。
2011年2月7日 神奈川新聞 性犯罪被害者防止「GPSより早期治療」

診察する大石院長=横浜市中区弥生町の「大石クリニック」
性犯罪者の再犯防止を目的に性犯罪前歴者らを警察が監視できるよう、衛星利用測位システム(GPS)の携帯の義務づけが話題になっている。そうした中で、「GPSの携帯よりも、早期の治療を」と訴えているのは、横浜市中区弥生町にある「大石クリニック」の大石雅之院長(56)。「常習性がある痴漢行為や盗撮などのわいせつ行為は、性依存症という病気の可能性がある」と指摘している。

同クリニックは、全国で性依存症の専門外来を行っているわずか2カ所のクリニックのうちの一つ。もう一つは都内にある。性依存症治療の受け皿は非常に少ないうえに「性依存症という病気自体があまり知られていない」と大石院長。本人が自発的に受診するケースが多いが、犯罪を起こして裁判になった際に、弁護士の勧めで訪れる人もいる。だが、病気やクリニックの存在を知らない弁護士も多いという。
同クリニックで2008~10年に受診した77人のうち、再発が判明したのは6人。「この数字を高いと見るか低いと見るか。ゼロにはならないが、無駄とも言えない。再犯率を下げている可能性は高い」。集団での認知行動療法によって、女性に対する誤った考え方を訂正したり、犯罪を起こしやすい行動パターンを認識して改めたりするほか、患者同士のグループディスカッションなども行っている。

◆性犯罪の再犯率
警察庁によると、09年度の犯罪のうち、性的暴行罪の犯罪者798人のうち、同一罪種の前歴者は、9.3%の74人。わいせつ罪の犯罪者4186人のうち、同一罪種の前歴者は、12.1%の507人。強盗の8.0%、放火の5.7%よりもやや高い。
◆性依存症
痴漢、小児性愛、露出症、異性愛者が異性の服装をすることなどで性的に強烈に興奮するといったフェティシズム、盗撮やのぞきなどの窃視症などが挙げられる。強制わいせつ罪や迷惑防止条例違反など法に触れるような行為のほか、不倫など特定の性的刺激がやめられない、風俗通いがやめられず金銭的に困窮しているなど、性的衝動のコントロールが利かなくなる状態。
2011年 週刊朝日増刊号 新「名医」の最新治療 P86に掲載

心・精神の病気 セックス・ギャンブル・買い物依存症のページ(P86)にて当院が紹介されました。院長のコメントも掲載されています。

診療時間

午前
9:20~11:00
午後
13:00~16:00
夜間
17:00~19:30※火・木のみ
休診日
日曜・祝日
受付時間
9:30 ~ 11:00
13:00 ~ 16:00
17:00 ~ 19:30