1. トップページ>
  2. 依存症専門外来>
  3. DV

DVとはAbout domestic violence

ドメスティック バイオレンス

“ドメスティック” は、家庭内での事、家庭内に関する事、自国・国内に関する事を意味します。“バイオレンス” は、激しさ・強烈さ・暴力・暴行を意味します。

“ドメスティック バイオレンス” とは、家庭内の配偶者や、恋人など親密な関係にある、またはあったものから振るわれる暴力という意味です。これは、単なる喧嘩ではなく、加害者から被害者への一方的な身体的暴力であることが圧倒的に多いのですが、身体的だけでなく、一方的な支配などの心理的暴力、経済的暴力、性的関係を強要する性的暴力も含まれます。このため、逃げる加害者に対してストーカー行為をすることも少なくありません。このような場合、ストーカーを直接的に防ぐ治療も必要ですし、またDVに対する治療も同時に行う必要があります。

DV専門外来・相談

DV加害者の治療内容としては、医師との個別精神療法、内観療法、条件反射制御法、集団精神療法を取り入れています。通院専門の病院ですので、仕事、家事を続けながら治療に取り組めます。早期かつ軽症なうちに治療を開始すれば、それだけ早く問題を解決することができます。
初診のみ予約制となるため平日の昼間に受診していただくことになりますが、それ以降は予約の必要はありません。また夜間診療も可能になりますので、通院・通学しながらの治療が可能です。

  • DV治療

    DV治療プログラム

    必要な治療プログラムに参加することができます。参加する治療プログラムは主治医と相談して決めていただけます。治療内容は、医師との個別精神療法、集団療法、内観療法、条件反射制御法を取り入れています。

    治療プログラム

  • DV被害相談

    DV被害者の方へ

    DV被害に遭われている方の心のケアをはじめ、DV被害の相談をお受けしております。DV・ストーカーを繰り返す人の中には、話合って注意をしてもそのような行動を止める事が出来ない人も少なくありません。このような人は自らの行動なんらかのために制御する能力が低下した状態にあると考えるべきです。このような時に逃げたり、警察の世話になることも有効ですが、加害者本人の原因を取り除かないと長期間に渡ってこの様な加害者の行動は維持されますので、あなたの居場所をみつけだしたり、警察の目をかいくぐって再度問題を起こすことも少なくありません。このような理由で、繰り返されるDV・ストーカーを防ごうとする時には、物理的・社会的な制裁をもって、加害者の行動をコントロールする方法より、加害者自らが、自身の行動をコントロール出来る様になってもらうように、治療を受けてもらうようにする方法のほうが効果的です。
    警察・裁判所を含め司法の介入が入る時には、罰金等の社会的制裁をあたえるより、治療を継続していくことを条件にして話あっていく方が、あなたが加害者に制裁を加えるより、DV・ストーカーから解放されたいのであれば、有利です。

    DV被害者相談

  • DV本人の相談

    DV加害者の方へ

    DVご本人(加害者)への治療コースです。当院は通院専門の病院ですので、家事・仕事を続けながら治療に取り組めます。外来診療のかかりやすさで早期発見、早期治療に努めたいと願っています。

    DV加害者の相談

  • DVの家族相談

    DVの家族への相談

    DVのご家族のための治療コースです。ご家族の方の診察はもちろんのこと、DVご本人(加害者)に関するご相談をお受けしております。

    DVの家族相談

診療時間

午前
9:20~11:00
午後
13:00~16:00
夜間
17:00~19:30※火・木のみ
休診日
日曜・祝日
受付時間
9:20 ~ 11:00
13:00 ~ 16:00
17:00 ~ 19:30