1. トップページ>
  2. 依存症専門外来>
  3. DV>
  4. DV加害者の方へ

DV加害者の方へConsultation of domestic violence

DV被害者

DV加害者は、被害者の方同様に、自分の相手にたいする行為がDVとはなかなか気付かず、認められないものです。
「相手のことを好きだから」
「相手の事をおもって」
「相手の間違いを正してあげている」
「相手を良い方向に導いてあげている」
「相手を正すために」
厳しいことを言う、手を出してしまう、物にあたってしまうことがある
と思ってはいないですか?

人との繋がりは、支配や強制では成り立ちません。お互いに尊重し、良い所も悪い所も認め合うことが重要です。
「自分は、暴力や暴言はないから大丈夫」と思っていても、知らず知らずのうちに相手に対してDVを働いていることもあるかもしれません。

DVチェックdomestic violence check

自分がDVをしていないか?チェックしてみましょう

  1. DVチェック表
  2. はい
  3. いいえ
1. 相手が自分の意見に従わないと、いらいらして態度にでる。
2. 相手がどんな人と関わりをもち、どんな話をしているのか?とても気になり相手にきいてしまう。
3. 相手の行動(外出や服装など)が気になり、指示している。そのような指示は、相手のためになると思っている。
4. 相手に対して、自分と相手の友人(男女)また相手のことがら(仕事など)と比べてどちらが大切なのか選択をせまる。(ぼくと、友達との飲み会どっちが大切なんだよ!)(わたしと、仕事、どちらが大事なの?)などなど・・・
5. 怒ったとき(頭にきたとき)、相手の目の前で物をなげつけたり、叩いたり、壊したりしする。
6. 怒ったとき(頭にきたとき)、相手の腕や肩をつかんだり、押したり、叩いたりする。
7. あなた自身の問題や、不快に思ったりイライラすることを相手のせいにして責めことがある。
8. 相手のした事を、とがめる時に手を出すことはある。(叩く、蹴りをいれる、ひっぱたく、つねるなど・・・・)
9. 相手のことはいつも自分がリードしなければならないと思う。
10. 人のことで、相手の意見や希望・都合も聞かず、尊重せず、自分1人で決める事が多い。
11. 相手は自分より劣っている下の人間だと思う。妻・夫・彼女・彼氏を自分だけのものだと思っている。

1つでも該当するものがあれば、自分の態度や行動・考え方を見直してみませんか?

あなたが相手のことを思い放つ言葉や行動は、もしかすると相手を傷つけたり相手に恐怖心をいだかせるものがあるかも知れません。相手は、あなた自身ではない別の人間です。全てあなたの考えや行動が正しいわけではないのです。あなたが自身が気づいていないだけです。あなたの気づきが大切です。

事件になるものだけがDVではありません。価値観や考え方の違いや、お互いを思いあう日常生活のなかに、DVはひそんでいるものかもしれません。小さな芽のうちであればお互いの話し合いで摘み取ることも可能かもしれませんが、大きくなってしまった芽を摘み取ることはなかなか大変なです。自分と相手の間に違和感を感じた時、第3者の力があなたの大きなサポートとなります。

 

診療時間

午前
9:20~11:00
午後
13:00~16:00
夜間
17:00~19:30※火・木のみ
休診日
日曜・祝日
受付時間
9:20 ~ 11:00
13:00 ~ 16:00
17:00 ~ 19:30