1. トップページ>
  2. 依存症専門外来>
  3. アルコール依存症

アルコール依存症とは?Alcoholism

アルコール依存症とは

反復的なアルコールの使用により飲酒をコントロールすることが困難になり、身体的症状や社会的に有害な結果が見込まれているにもかかわらず、自分でアルコールを止めることができない病気です。世間一般では、アルコール依存症は「毎日多量に飲む」「酒にだらしがない」「酒乱」といったイメージが強いですが、眠りやストレス発散を目的とした飲酒の増加、飲酒後の記憶の欠落の増加、飲酒した翌日の意欲低下、飲酒していない際の離脱症状の出現(発汗・不眠・手のふるえ等)といった特徴もあります。

アルコール依存症の症状

次のうち3項目以上当てはまればアルコール依存症が疑われます。

  1. 1. 夕方になると飲みたい、悪いと分かっていても飲みたいといった強迫的飲酒欲求がある。
  2. 2. 時間に関係なく飲酒し、飲む量をコントロールできない。
  3. 3. 酒量を減らしたり止めた時、手の震え、発汗、不眠などの離脱症状が出現する。
  4. 4. お酒に対する耐性ができ、これまでの量では酔えなくなり、酔うまでの量が増す。
  5. 5. 飲んでいる時間が多くなり長時間酔っているために他の楽しみや趣味ができなくなる。
  6. 6. 生活・仕事・健康に有害が生じると分かっていても飲酒してしまう。

アルコール依存症 専門外来

『お酒に問題あったら、入院しなければならないと思っていませんか?』当院は通院専門の病院ですので、家事、仕事を続けながら治療に取り組めます。ぜひ、仲間と一緒に、アルコール治療をしていきませんか。
 当院は入院施設を持たない外来通院専門の精神科クリニックですが、もし入院が必要となる場合には、入院のできる専門病院との連携もスムースに行っております。精神科は一般には良く知られていませんが、それぞれの専門性があります。外科に心臓外科、脳外科と専門性があるように、脳外科に行って心臓の話もできますが、心臓の手術をする時には心臓外科が良いように思います。依存症を本格的に治療する時には専門性のあるところが良いでしょう。早いうち軽いうちに治療を開始すれば、それだけ早く回復します。外来診療のかかりやすさで早期発見・早期治療に努めたいと願っています。
(※女性医師の診察をご希望される患者様は、その旨をお知らせください。)

<診療の守秘義務について>
患者様のプライバシーを守りながら医師による診療を受けることができます。精神科に保険証を使って受診すると会社に知られるのではと心配される方がいます。これは心配無用です。医療従事者には守秘義務があり、職務上知りえた情報を他に漏らしてはならないとされています。医療機関から会社に連絡を取ることはなく、医療機関は会社からの問い合わせに対して本人の承諾を得た上でないと回答しません。また、保険業務を行う社会保険事務所や健康保険組合の職員に対しても守秘義務が適応されます。警察に対しても本人の同意がない場合はお答えしていません。

当院では患者様のご都合に合わせて治療方法を選択できるように、以下の6つの治療コースをご用意しております。主治医と相談してご自身に合った方法で治療を開始していただけます。

  • アルコール依存症専門外来

    一般外来コース

    週に1~2回または月に数回の定期通院で診察・投薬を受けます。
    必要な治療プログラムに参加することもできます。参加する治療プログラムは主治医と相談して決めていただけます。

    診療案内

  • アルコール依存症通院

    ビジネスマンコース

    毎週火・木曜日の夕方19:00までに来院して頂ければ夜間診療を、土曜日にも診療を行っています。
    この時間に合わせて治療プログラムを実施しております。
    お仕事帰りや休日にお立ち寄りいただき、診察とプログラム参加をいっしょにご利用いただけます。ビジネスマンの方が仕事帰りに治療できるコースです。

    治療プログラム

  • アルコール依存症デイケア

    デイケアコース

    アルコールを飲まない生活リズムを習慣づけるために、月曜日~土曜日まで毎日または、利用日を決めて、朝9:00~午後15:00までをデイケアで過ごすことができます。デイケアご利用中に必要な診察と治療プログラムを受けていただけます。昼食のご提供もしております。

    デイケア

  • アルコール依存症家族相談

    ご家族向けコース

    患者様ご本人への対応にお困りのご家族のための治療コースです。ご家族の方の診察はもちろんのこと、患者様に関する相談をお受けしております。
    家族相談・家族教室の治療プログラムも各種ご用意しております。

    家族相談

  • アルコール依存症リワーク復職支援

    リワークコース

    病気が原因でお仕事を休職中の方を対象としております。病気を回復し、復職に向けてリハビリ準備をするためのプログラムをご用意しております。
    また、職場の方との連絡・相談にも対応させていただいております。

    リワーク

  • アルコール依存症就労支援

    就労支援コース

    病気が原因で現在失職中の方や、リワークコースで復職できなかった方を対象としております。病気を回復し、就活して再就職できるまで支援するためのプログラムをご用意しております。
    また、ハローワークや関係者との連絡・相談にも対応させていただいております。

    就労支援

診療時間

午前
9:30~11:00
午後
13:00~16:00
夜間
17:00~19:00※火・木のみ
休診日
日曜・祝日
受付時間
9:30 ~ 11:00
13:00 ~ 16:00
17:00 ~ 19:00